Date

横浜で安心の無痛分娩

横浜で安心の無痛分娩の体験談
Breast Cancer Ribbon

痛みがコントロールできる出産方法

痛みがコントロールできる出産方法

私が出産したのは8年前ですが、脂汗をかいて陣痛の痛みに耐えて出産しました。

ある雑誌で私は無痛分娩で出産して、とても楽に出産ができましたという記事を読みました。

立ち会い出産や里帰り出産などという言葉は良く耳にしますが、無痛ってどういう事なのととても興味がわきました。

痛みがないという時を書きますよね。

痛みが無い出産なんて、ちょっと想像できません。

テレビドラマでも出産シーンは、昔から大声をあげて汗をかいて疲労困憊で子供を産むとお決まりになっています。

確かに痛みをコントロールするという事は医療業界では癌などの治療には主流になってはきています。

しかし出産においても痛みがコントロールできるとは驚きです。

分娩方法も選べる時代になったのだなと感じました。

この記事は横浜の病院での体験談でしたので、さすがに都会の横浜では進んだ出産方法があるなと思いました。

雑誌でも取り上げられるほどになって知名度も上がっていると思いますので、テレビや映画などの世界でも従来の出産シーンではなく無痛分娩での出産シーンが登場するかもしれませんね。

出産方法の海外と日本の違い

海外での出産方法は日本と違うのか調べてみました。

先進国ほとんどの国が無痛分娩を推奨していて、自然分娩よりもメジャーになってきているようです。

中でもフランスは97%、お隣の韓国でも90%アメリカでは60%という割合で無痛分娩が普及しています。

日本でも無痛分娩に取り組む病院も少しずつ増えてきているようですが自然分娩に比べて無痛での出産は10%にも届かない普及率です。

日本では麻酔薬を使うので赤ちゃんに障害が残るのではないか、海外と事情が違い日本では産婆さんから出発している歴史がある、費用がかかるなどの理由から普及率は海外に比べて劣っているようです。

ちなみに日本で最初に取り組んだ病院は横浜にある病院で1952年から始まっています。

無痛分娩を横浜で経験

外国人の居住率を考えてみても首都圏に集中していますので、首都圏に近い横浜でも海外事情には敏感だったということでしょうか。

外国では様々な出産方法が報告されていますし、最近では水中出産がメデイアでは話題になりましたよね。

日本の出産事情とは考え方自体が違っているのかもしれませんね。

Comments are closed.